コマンドプロンプト王
CMD王のコマンド一覧、コマンドプロンプトの使い方など
プロフィール

CMD王

Author:CMD王

コマンドプロンプト基礎知識

ショートカットキー

カテゴリ

コマンドプロンプト本

リンク

カウンタ

スポンサードリンク



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
at

at

書式
AT [\\コンピューター名] [ [id] [/DELETE] | /DELETE [/YES]]
AT [\\コンピューター名] 時刻 [/INTERACTIVE]
[ /EVERY:日付[,...] | /NEXT:日付[,...]] "コマンド"

説明
AT コマンドは、指定された日時にコマンドとプログラムが
コンピューターで実行されるようにスケジュールします。
AT コマンドを使用するには、Schedule サービスが実行中でなければなりません。

パラメータ 意味
\\コンピューター名 リモート コンピューターを指定します。
このパラメーターを省略したときは、
ローカル コンピューターでコマンドがスケジュールされます。
id スケジュールされたコマンドに割り当てられた識別番号です。
時刻 コマンドが実行される時刻を指定します。
"コマンド" 実行する Windows NT コマンド、またはバッチ プログラムです。

オプション 意味
/delete スケジュールされたコマンドを取り消します。
id を指定しなかったときは、コンピューターで
スケジュールされているすべてのコマンドが取り消されます。
/yes 確認せずにすべてのジョブ コマンドを取り消すときに使用します。
/interactive ジョブの実行中、ジョブはログオンしているユーザーの
デスクトップとの対話を許可します。
/every:日付[,...] 毎週指定した曜日に、または毎月指定した日にコマンドが
実行されます。日付を省略したときは、その月の今日の日付が使用
されます。サイズが指定されていないときは、現在のサイズを表示します。
/next:日付[,...] 指定したコマンドが次の日付 (たとえば、次の火曜日) に実行されます。
日付を省略したときは、その月の今日の日付が使用されます。

▲TOP
この記事に対するコメント
▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://cmdexe.blog.fc2.com/tb.php/7-b2782ce8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。