コマンドプロンプト王
CMD王のコマンド一覧、コマンドプロンプトの使い方など
プロフィール

CMD王

Author:CMD王

コマンドプロンプト基礎知識

ショートカットキー

カテゴリ

コマンドプロンプト本

リンク

カウンタ

スポンサードリンク



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
CMD

コマンド一覧

A| |B| |C| |D| |E| |F| |G| |H| |I| |J| |K| |L| |M
N| |O| |P| |Q| |R| |S| |T| |U| |V| |W| |X| |Y| |Z|

A
コマンド名称 内容
append 指定したフォルダのデータ ファイルが現在のフォルダにあるかのように
プログラムを開ける
arp ネットワーク内のIPアドレス物理アドレスの対応を追加・削除・表示
assoc 拡張子とファイルの関連を表示
at 指定日時にプログラムを実行
attrib ファイル・ディレクトリの属性を表示

B
コマンド名称 内容
bootcfg boot.iniファイルを編集する

C
コマンド名称 内容
cacls アクセス権の設定・表示
call バッチ・ファイルの呼び出し
cd カレントディレクトリを変更
chcp 現在の活動コード・ページ番号を表示・設定
chkdsk ディスクの検査
chkntfs 起動時にドライブをチェック
cipher ファイルの暗号化
cls 画面をクリア
cmd 別プロセスでコマンドプログラムを起動
color 背景色と文字色を変更
comp 2ファイルの比較
compact ファイルを圧縮・解凍
convert ファイルシステムをFATからNTFSに変更
copy ファイル・ディレクトリをコピー

D
コマンド名称 内容
date 日付の設定・表示
defrag ファイルの断片化の解消
del ファイルを削除
dir ファイル・ディレクトリを一覧表示
diskcomp フロッピーディスク2枚を比較
diskcopy フロッピーディスクをコピー
diskpart ディスクの管理機能を操作
doskey コマンド ラインの編集、コマンドの再呼び出し、マクロの作成を行う
driverquery デバイスドライバの一覧を表示

E
コマンド名称 内容
echo エコー機能を有効または無効にするか、メッセージを表示する
endlocal バッチ ファイルでの環境変数のローカライズを終了
eventcreate 管理者が指定されたイベント ログにカスタム イベントを作成
eventtriggers イベント トリガを表示および構成
exit コマンドプロンプトを終了
expand COMPRESS、CABフォーマットファイルを展開

F
コマンド名称 内容
fc 2つのファイルを比較
find ファイル内の文字列を検索
findstr ファイル内の文字列または正規表現の文字列を検索
format ディスクをフォーマット
fsutil ファイルシステムユーティリティを利用
ftp FTPサーバを利用して、ファイルをリモート操作
ftype ファイルタイプに対して自動起動するソフトを設定

G
コマンド名称 内容
getmac MACアドレスを表示
goto ラベルで識別される行に制御を移す
gpupdate セキュリティ設定を含むグループ ポリシー設定を更新
graftabl グラフィックモードの文字の使用言語を設定

H
コマンド名称 内容
help コマンドの詳細情報を表示
hostname コンピュータ名を表示

I
コマンド名称 内容
if バッチプログラムで条件付き処理を実行
ipconfig IPアドレスの情報を表示

L
コマンド名称 内容
label ボリュームラベルを操作
lodctr パフォーマンス カウンタ名と説明のテキストを登録
logman パフォーマンス カウンタおよびイベント トレース ログを
管理およびスケジュール

M
コマンド名称 内容
mem メモリの割り当て情報を表示
mkdir 新規にディレクトリを作成
mmc 管理コンソール (MMC) を開く
more 1画面ごとにコマンドの内容を表示
mountvol ボリュームマウントポイントの操作
move ファイルを移動

N
コマンド名称 内容
nbtstat NetBIOS over TCP/IP情報を表示
net ネットワークの設定を行う
netstat ネットワークの接続に関する情報を表示
nslookup ネームサーバからDNSの情報を取得して表示
ntbackup バックアップ操作を実行

O
コマンド名称 内容
openfiles 開いているファイルを照会、表示、切断

P
コマンド名称 内容
path 環境変数 PATH 内にコマンド パスを設定
pathping 指定先までのネットーワークの所要時間を算出
pause バッチ プログラムの処理を一時中断
ping 指定先との接続状態を確認
popd pushdで保存した最後のディレクトリにカレントを変更
print ファイルの内容を印刷
prompt プロンプトの表示方法を設定
pushd 切り替え前のディレクトリをスタックにプッシュ

R
コマンド名称 内容
recover 読み取り可能データを回復
regedit レジストリを編集
relog パフォーマンス カウンタをパフォーマンス カウンタ ログから抽出
rem コメントをバッチ ファイルに追加
rename ファイル・ディレクトリ名を変更
replace タイムスタンプ比較で更新
rmdir 空のディレクトリを削除
route ルーティングテーブルの表示・変更・設定
rsh RSH サービスを実行しているリモート コンピュータでコマンドを実行
runas ログオン中のユーザとは別のユーザでプログラムを実行

S
コマンド名称 内容
sc サービスに関する制御情報を取得および設定
schtasks スケジュールのタスクの追加と削除、要求時のタスクの開始と停止、
タスクの表示と変更
secedit システム セキュリティを構成および分析
set 環境変数に値を設定
setlocal バッチ ファイル内の環境変数のローカライズを開始
shift バッチ ファイルでバッチ パラメータの位置を変更
sfc システムファイル保護機能を使用
shutdown シャットダウン、リブート、ログオフを実行
sort テキストの内容を並び替える
start プログラムを実行
subst 仮想ドライブとして使用
systeminfo システム情報を表示

T
コマンド名称 内容
taskkill 指定したタスクを停止
tasklist 実行中のタスクを表示
telnet 指定サーバにtelnet接続を実行
※Windows2008Serverからはデフォルト無効
tftp TFTPを実行しているコンピュータとファイルの転送を行う
time 時刻の設定・表示
title コマンドプロンプトウィンドウのタイトルバーを編集
tracert 指定先とのネットワーク経路を表示
tree ディレクトリの構造をツリー形式で表示
type ファイルの中身を表示
typeperf パフォーマンス カウンタ データをコマンド ウィンドウに表示

V
コマンド名称 内容
ver バージョン情報を表示
verify べリファイ機能を設定
vol ボリュームラベルとシリアル番号を表示
vssadmin ボリューム シャドウ コピーを管理

X
コマンド名称 内容
xcopy サブディレクトリを含めてコピー

スポンサーサイト
▲TOP
exit

exit


書式
EXIT [/B] [終了コード]

説明
CMD.EXE プログラム (コマンド インタープリター)
またはバッチ スクリプトを終了します。
パラメータ 意味
/B CMD.EXE ではなく、現在のバッチ スクリプトを終了するように指定 します。
バッチ スクリプトの外から実行された場合、CMD.EXE を終了させます。
終了コード 数値を指定します。/B が指定されている場合、ERRORLEVEL に
その数値を設定します。CMD.EXE 終了をする場合、プロセス終了コードに
その数値を設定します。

▲TOP
cls

cls


書式
cls

説明
画面を消去します。

▲TOP
ipconfig

ipconfig


書式
ipconfig [/オプション]

説明
既定では、TCP/IP にバインドされた
各アダプターについて、IP アドレス、
サブネットマスクとデフォルト ゲートウェイのみを表示します。

release と renew については、アダプター名が指定されて
いない場合は、TCP/IPにバインドされているすべての
アダプターの IP アドレス リースが解放または更新されます。

パラメータ 意味
/? このヘルプメッセージを表示します。
/all すべての構成情報を表示します。
/release 指定されたアダプターの IPv4 アドレスを解放します。
/release6 指定されたアダプターの IPv6 アドレスを解放します。
/renew 指定されたアダプターの IPv4 アドレスを更新します。
/renew6 指定されたアダプターの IPv4 アドレスを解放します。
/flushdns DNS リゾルバー キャッシュを破棄します。
/displaydns DNS リゾルバー キャッシュの内容を表示します。
/showclassid アダプターが使用できるすべての DHCP クラス ID を表示します。
/setclassid DHCP クラス ID を変更します。
/showclassid6 アダプターに許可されたすべての IPv6 DHCP クラス ID を表示します。
/setclassid6 IPv6 DHCP クラス ID を変更します。
ipconfig /allで端末のIPアドレスやゲートウェイなどを確認します。
これは本当によく使うコマンド!

▲TOP
echo
書式
echo [on | off]]
echo [メッセージ]

説明
コマンドエコーのONとOFFを切り替える。
メッセージを表示する。

現在のエコー設定を表示するには、パラメータを指定せずにechoと入力する。

エコーを無効にする場合に、echoコマンドをエコーさせたくなければ、
以下のようにコマンドの前に「@」を追加する。
@echo off

「@」は現在行の画面への表示を行わないための制御記号である。

空白行をエコーするには、次のようにechoの後ろにピリオドを追加する。
echo.

コマンドプロンプトを開始した時点では「echo」は「ON」に設定されている。

▲TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。